専業主婦から産後セルフケアインストラクターをめざす【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話】④

札幌の産後セルフケアインストラクター永野間かおりです。

連載しています、【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話】④を書きます。

 

産後ケアを知って怒った私【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話①】

結婚後の私の負い目・初めての産後と産後クライシス【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話②】

子育てより悩んだ「母になった私」のこと・夫の本音に愕然とした出来事【7年専業主婦だった私がはたら母になるまでの話③】 はこちらから読めます。

夫には夢がある、じゃあ私は…一体何がしたい? 

産後ケアを知ってから1年半ずっと、毎日のように読み込んでいたマドレボニータ公式ブログと、インストラクターの先生たちのブログ。

「子どものために」「家族のために」と自分以外を主語にして生きてきた私は、マドレボニータの発信からこんなメッセージを読み取っていました。

「今の状態は、これまでの自分の選択の結果」

「これからどうしていきたいかは、自分で選べる」

そのメッセージに勇気付けられる反面、ざわざわした不安も湧き上がってきたのです。



夫の変化・成長に嫉妬し、はたらいている学生時代の友人との話も噛み合ず、かといって母たちとの子育て中心の話にも満足できない、今の私。

誰ともおもいをわかち合えず、社会との接点もない自分は、本当は何がしたいんだろう?これからどうやって人とつながっていったらいいんだろう?と。

産前から感じていたモヤモヤを、二男の産後1年半で、ますます強く感じていました。

 

網走で産後ケアを受けたい!産後セルフケア体験会を企画

そんな2009年秋、当時道内で唯一活動されていたマドレボニータのインストラクターのブログに、「出張体験会やります」の文字を見つけました。

インストラクターがお住いだった別海町から網走まで車で2時間以上、断られてもダメもとで!と依頼メールをお送りすると、ありがたいことに「ぜひ!」とご快諾頂くことができました。


この時、私が勇気を出して体験会を企画できた理由は2つあります。

まず、シェアリングで夫の仕事への熱意を聞いていたこと。

> 子育てより悩んだ「母になった私」のこと・夫の本音に愕然とした出来事【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話③】


夫の熱意に刺激されて、私ももしダメでもいいから、産後ケアが気になってたまらない気持ちを大事に、とにかくまず動こうと行動できました。

…さらに正直に言えば、「夫に負けたくない!」という気の強さがありました・笑。

だって、一所懸命に打ち込めるものをもつ夫が、私はすごく羨ましかったんです。そんなに大事なものがあるんだって。

3人目の子どもをどうするか?問題




もう一つ、わが家の第3子問題がありました。

当時、私はもう一人子どもを産むことをぼんやりと希望していました。でも、実際に夫婦で「3人目…どうする?」と話し合うと、夫のおもいはまた別でした。
別どころか、当時「考えられない」と言われたのだった!あれはショックだったなぁ・苦笑。



でもこの時、夫に「これ以上子どもは…」とはっきり言われて、今振り返ってみると、ほんとうによかったんです。



そうでなければ、私は自分の今後を考えるのを先送りして、何となくもう一人…と妊娠出産したかも知れません。

夫の合意が得られなかったからこそ、そこであらためて、「なぜ私はもう一人子どもを産みたいのか?育てたいのか?」を考えさせられました。

そして、自分が出産・子育てを意志や希望ではなく、自分の「存在意義」にしていることをはっきりと自覚しました。

子育て以外に自分の役割を何も見出せず、「ソラくんのお母さん」「永野間先生の奥さん」と、子どもと夫を通してしか、地域とも人ともつながれない私。

夫をサポートし子どもを育てているつもりで、実は、夫と子どもに役割を与えてもらっているのは私の方でした。


そんな自分に気づいてしまったのなら、もう見て見ぬ振りはできない。
今までのように夫・子どもの陰に逃げたり隠れるのではなく、これからの人生で、いよいよ「私は」どうしたいかを、考えなければいけない。そのためにも産後ケアを今受けよう。そう思いました。




その後子育て支援センターを中心に産後ケアをアピールしながら集客活動し、「実は私も産後大変だった」という母たちに出会い、やっぱり産後ケアは必要!と勇気づけられました。

また社会福祉協議会への助成事業の問い合わせや、市民活動センターで託児協力依頼のプレゼンをするなどの準備は大変というより、むしろおもしろくてたまりませんでした。

それまでまったく意識せずに暮らしていましたが、行政からいろんなサポートを受けながら子育てしているのだということも、講座を企画・準備したことで初めて知りました。

当時子育て中で「サービスの受け手」でばかりいた私の基準は、「無料かどうか?」でした。自治体のイベントは大抵無料、ママ向けのものはワンコインですよね。それが当たり前だとおもっていました。

でも、ちょっと考えればわかるのだけれど、何をするにもお金は掛かる。無料ということはその分、税金や助成金、ボランティアの協力やサポート、もしくは主催者の持ち出しで賄われているっていうことなんですよね。

恥ずかしながら、それまでそんなこと、一切考えたこともありませんでした。それは「子どもと私」だけの狭い世界で、「とにかくお金をかけない・損しないように」というあさましい意識で生活していたからです。




体験会の準備は、一人でやりました。子育てサークルもママ友もどこにも属さない私は、ちょっと変わった人だったから^^;
でも、自分がやりたい!とおもうことをしているから、「人にどう思われるか?どう言われるか?」なんて、一切気になりませんでした。

この時、自分の価値観をはっきりさせられたのは、後で振り返ってもよかったです。
みんなに好かれるなんて、ムリ。何やっても、良く言う人と同じぐらい、悪く言う人もいます。
当時は、「とにかく産後ケアを網走に呼ぶ!網走で体験会をするんだ!!」シンプルにその気持ちだけで行動していました。

そんな風に、熱意をもってあちこちで産後ケアの話をしていると、「〇〇さんも産後ケアに興味があるって!」「あの人産後だよね?誘おうか?」なんて周りの親切な人たちが、ちゃんとご縁も情報も届けてくれました。本当にありがたかったです。


そうやって、子どもの昼寝時間や就寝後に嬉々として作業しながら、自分が本当に心魅かれることに取り組めば、こんなに充実感あふれる気持ちで生活できるんだ!と楽しくてたまりませんでした。初めての産後から4年経って、子育て以外の喜びに、初めて出会った瞬間でした。


網走で初めて開催した産後クラス体験会には、市内の13名の母たちが参加してくれました。

ママ友つくれない・集団に馴染めないと言っていた私が、産後ケアを受けたいがために一人ひとりに、「一緒に産後ケア受けてみない?」と声をかけて、集まってくれた人たちでした。


印象的だったのは参加者の方たちがGOOD&NEWのワークで見せてくれた「○○ちゃんのお母さん」なママの顔ではない、「○○さん」一個人の、素のゆたかな表情。

子育て支援センターで交わす子ども・子育ての当たり障りない話ではなく、「自分の話」をする母たちの表情は、実に人間味にあふれていて、こんなにおもしろい人たちだったんだ!と初めて知りました。

 

産後ケアニューズレターを発行

そして、「体験会に参加できなかった人にも、産後ケアのことを知ってほしい!」と、体験会当日の夜に、衝動的に手書きの産後ケアニューズレターを発行。

「やる!」と決めた私は、まっしぐら。行動がメチャクチャ早いのです・笑。



印刷して翌日には子育て支援センターで配布し、その後、毎月産後ケアニューズレターを発行し続けました
最初は誰も読んでくれなくて、ニューズレターは余りました。だってどう見ても怪しいでしょ?当然です・笑。

でもその後、毎月産後ケアのニューズレターを書き続けていると、読んでくれる人が増えました。
子育て支援センターの先生もじっくり読み込んでくださって、バックナンバーを印刷してまで(!)たくさんの母たちに配布してくださいました。



それまでの数年間、「どうしよう、どうすれば…」と二の足踏んで同じ場所に止まっていた私が、次からつぎへと動き始めました。

それは、「産後ケア必要!」という私個人のおもいだけでなく、一緒に産後ケアに取り組んだ母たちの表情のゆたかさがに大きな衝撃を受けたから。私を突き動かしたのは、自分の経験やおもい以上に、周りの母たちの産後ケアによる劇的な表情の変化でした。

インストラクターになりたい?を考える産後ケア教室受講

網走での産後ケア体験会を終えて日常生活に戻ると、何かが物足りない。正直にいえば、暇・笑!

体験会準備の2カ月間、参加お誘いや協力お願いでいろんな人たちに会って、「産後ケア」を伝えていたことが、どれだけ充実していたかを実感しました。

産後ケアをもっと広めたい、でもどうすれば?また体験会を開く?でも、それでは継続性がない。

そうだ!それよりも、自分が認定インストラクターになれば、自分で産後プログラムへの理解と責任をもって、より多くの人たちに産後ケアを直接伝えられるんじゃないか?何よりこんなにも心魅かれてやまない産後ケアをもっと深く知りたい!

そんなおもいで翌月12月、中標津産後ケア教室(※現在は閉鎖)を受講しました。



片道2時間の雪山峠道を毎週往復運転するなんて、どう考えても危ないのですが、でも、「今すぐ産後ケア教室に通わなくいと、インストラクター養成コースの受験に間に合わない、ちゃんと取り組んでから決めないと!」と必死でした。

●自分のおもいを確かめたい!東京で指導法集中講座受講

その後、3月には東京で、産後プログラム指導法集中講座2DAYSも受講。



事前の1月には産後ケア教室のオンラインDVD受講にも取り組みました。インストラクターをめざすならダンススキルも必要と知り、地元で教室を探して、夜のダンスレッスンにも通いました。
どうしようと悩みながら、「時間が必要な体づくりは何より先に!」と始めていました。

その時間、子どもたちは一時保育に預けていました。
子どもが1歳、4歳のこの時期はかけがえのないものだけれど、当時31歳だった私の時間だって、同じようにかけがえのないものでした。その時しかできない、大事なことでした。



インストラクター志望の方が多く参加する東京の集中講座に参加して、ほんの少しでも「私にはムリかも…」とひるむようなら、養成コースエントリーはやめようと、最初から決めていました。

先生方や養成コース生のブログを穴があくほど読み込んでわかったのは、仕事や人生への本気度の高さ。

志望することに少しでも迷いがあるのなら、マドレボニータにも、インストラクター養成コースをめざす方たちにも失礼だと思いました。

こわい、不安、私にできるかな、でも忘れようにも忘れられない。そうグルグル考える、毎日でした。

「31歳なんて、これからなんでもできるでしょ!」と背中を押してくれた人

網走の産後ケア体験会をきっかけにお互いの話をするようになった子育支援センターの母仲間にも相談しました。

彼女は30歳で言語聴覚士をめざして学校に通い、その後希望通りに転職した、めずらしい経歴の持ち主。

私と同じく、つるまない人だったので・笑、興味が湧いて話しかけたら、なんと自分で人生を切り拓く、とても魅力的な人だったのです。



そんな彼女の、「永野間さん、31歳?31なんて、これからなんでもできるじゃないの!」ということばは一番の励みになりました。

そうか、31歳の自分の人生は、まだまだこの先が長いんだと。だから、今がんばったって遅くはないんだと。




もし、今何も行動しなければ、このまま何も変わらない子育てと家族中心で、夫についていく人生が続くだけ。

もし、31歳で子育てしながら「新しい職業」を得ようするこの貴重な機会を逃してしまったら。

そうしたら、この先の人生でこれ以上に、「母になった自分自身のこと」で、胸躍るような出来事はもうないんじゃないか?

「私、何がしたい?」とずっと探してきて、やっと魅かれたものを、チャレンジもしないでスルーしていいの?もしうまくいかなかったとしても、私には失うものが何もないじゃないか。
最初の就職のように、他人に迷惑を掛けて、何もやらないまま逃げ出して後悔はしたくない!

もしダメでも、あの時私は「はたらくこと」に向けて挑戦したんだ!と自分自身が納得できるようでありたい…と、ようやくマドレボニータの産後セルフケアインストラクター養成コースエントリーを決意しました。

産後ケアを知ってから2年。産後ケアに取り組んでから4ヶ月後のことでした。

 

葉っぱのシルエットライン

 【マドレボニータ札幌(北海道の産後ケア)ただいま受付中の教室はこちら】
旭川5月体験レッスン「赤ちゃんと始める産後ケア体験レッスン」(5月24日)※残席5名
5/25産後のバランスボール・円山ユキコカンガルー助産院教室 
札幌6月コース「マタニティ&産後ケア教室」(6月6,13,20,27日・火)
【新規開講】旭川6月コース「マタニティ&産後ケア教室」(6月7,14,21,28日・水)

葉っぱのシルエットライン

Follow me!