【受付開始】10/28「もうひとつの両親学級@北海道北見市」

産後ケアが当たり前にある北海道に!
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの永野間かおりです。
 
10月28日(土)北見市にて、「もうひとつの両親学級」という産後ケア講演・ワークショップを開催します。北海道では初めてのこの企画、すでに受付開始していますので、興味ある方はぜひお申し込みください!
 
 
産院や自治体の両親学級では軽くしか触れられない産褥期(産後6〜8週の養生期)を、赤ちゃんを迎えた新しい家族で、パートナーと共にどんな風に過ごすのか?過ごしたいのか?
 
妊娠中の方はもちろん、すでに産後て子育て中の方、そしてこれから妊娠を・第2子,3子を望む方やご夫婦にぜひオススメの内容です。
また、産後・産後ケアに興味のある方なら、老若男女問わずどなたでもご参加ください。
 
—————————————————————————————
 

平成29年度 北見市まちづくりパワー支援事業
もうひとつの両親学級

2017年10月28日(土) 14:00~16:00(13:30開場)

■会場:北見赤十字病院 (北6条東2丁目)多目的ホールミント
※駐車場無料ですのでご利用ください。

■対象:産前産後の女性とそのパートナー、産後ケアに興味のある方

■参加費:1,000円/1名

■同伴できる赤ちゃん:2017年4月1日以降に生まれたお子さん(それ以前に生まれたお子様は信頼できる方に預けるか、下記有料託児をご利用の上単身でご参加ください。)

■託児:2時間500円/1名(先着20名)

■メールお申込みフォーム:https://ws.formzu.net/dist/S27875495/

■お問い合わせ:マドレオホーツク事務局 →madre.okh@gmail.com

※先着60名の講演会で、託児に関しては先着20名となっておりますのでお早めのお申込みをお願いいたします。

 

■講師:NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
     吉田 紫磨子 さん

【講師紹介】
1971年東京都生まれ。慶応義塾大学卒。2002年第一子出産の際、「産後うつ」に陥り、マドレボニータの産後ケアプログラムを受講。そこで産後ケアの必要性を実感し、2004年より産後セルフケアインストラクターとして活動。東京を中心に産後ケア教室を数多く担当しながら、講演や執筆を通じて産後ケア啓発にも取り組む。プライベートでは女児4人の母。キャッチフレーズは「産前産後界の綾小路みきまろ」。
【著書】『産褥記 産んだらなんとかなりませんから!』
【個人サイト】日刊シマン

 

———————————————————————————-
<この記事を書いた人>
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
永野間かおり
1978年生まれ、岩手県出身。男児3人の母。
2011年より産後ケア網走教室、北見教室(~2015年度閉講)、
2016年〜札幌教室、2017年〜旭川教室を開講。
オホーツク、釧路、帯広、苫小牧、紋別など道内各地で産後ケア講座開催。自治体母子保健・子育て支援講座講師実績多数。北海道内の教室・講座開催リクエストはこちらまで。

《ただいま受付中の産後ケア教室・出張講座》
 ■【札幌】マタニティ&産後ケア教室10月コース 
 ■【旭川】マタニティ&産後ケア教室10月体験講座(年内最終レッスン)
 
【9/23北見】愛成病院マドレボニータクラス(残7)
 ■【9/28札幌】産後のバランスボール教室@円山ユキコカンガルー助産院  (残3)
 
【9/29,30北見】マタニティ&産後ケア体験講座(マドレ・オホーツク企画)
 
■【10/1】マドレボニータ帯広・マタニティ&産後ケア体験講座(残7)

Follow me!