産後ケアを職業に・はたらく母になるのに一番向き合い変化したのは夫婦関係【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話】⑥最終回

マドレボニータ産後セルフケアインストラクター永野間かおりです。

前回からだいぶ間が空きましたが^^;連載しています、【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話】⑥最終回を書きます。

■ 産後ケアを知って怒った私【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話①】

■結婚後の私の負い目・初めての産後と産後クライシス【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話②】

■子育てより悩んだ「母になった私」のこと・夫の本音に愕然とした出来事【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話③】

■専業主婦から産後セルフケアインストラクターをめざす【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話④】

■はたらくことに反対した夫・発熱を繰り返す子ども・母になって学ぶ厳しさ【7年専業主婦だった私がはたらく母になるまでの話⑤】はこちらから読めます。

 

●2011年、念願の産後ケア教室@網走@北見を新規開講!産後ケアを職業に●

「インストラクターとなって、産後ケアの旗振り役になろう!」と決意してからおよそ1年で、網走市と北見市で「NPO法人マドレボニータの産後ケア教室」を開講しました。


(開講の’11年網走2月コース)

「産後ケアは母になった全ての女性に必要!がんばって!!」と、インストラクター養成コース中から応援してくださったみなさんや、産後ケア教室の参加者のみなさん、「私の街でも産後ケアを!」と出張講座を企画してくれた母たち、そして産後ケア講座を企画されるオホーツク管内の自治体担当職員さんも、産後ケアに期待を寄せて、参加・参画とさまざまな行動で伴走してくれました。

そのつながりは、私が産後ケアを通じて実現したい社会や未来、本音を、「自分のことば」でうるさいぐらい繰り返し発信してつくってきたものでした。

こうして人とつながることができたのも「言葉で表現し、日々発信し続けること」を、マドレボニータのインストラクター養成コースで叩き込まれたおかげです。

クリック 当時のブログ「動くハハ通信」養成コースカテゴリ

 

産後ケアに共感し参加・応援てくれる人たちが増えていく反面、「そんな仕事で食っていけるの?」「ベビマやヨガの資格もとって仕事を増やせば?」「ダンナさんがしっかり稼いでくれているから、だからできる仕事だよね~」、そんなことも、何度も言われました。

そう言われ、悔しくふがいないおもいをする度に、こう考えました。

「私が産後ケアの仕事を通じて実現したいことって、何だろう?」

そして、「私がしたいのは、母親を『〇〇ちゃんママ』なんて子ども扱いせず、『一人の大人の女性』として尊重して期待する自立支援。子ども・家族を理由に自分を諦めず、体力とコミュニケーション力をつけて、自分がこうしたい・ありたいと望むはたらき方や、夫婦関係を実現するきっかけをとなる『場づくり』がしたい。」

そう、どんどん自分のやりたいこと・軸がはっきりしてきました。他に誰もやっていない。ニッチなことだからこそ、私がやる。

軸ができると、何を言われても人がどうあっても揺らぐことなく、自分の仕事に粛々と取り組める。

それが、仕事を始めて3年経ったころでした。私はもっと自由にやっていこう、それができるから、と。

産後ケアで「母になった私」に向き合えば、もっとおもしろくて納得できる「母になった私の人生」をデザインできる、そう信じている。だから私は、産後ケアを仕事にしている。

 

●一から仕事を創る、そのために私がしたこと●

教室を開催しながら、一つずつ仕事を創っていきました。「産後ケア教えられます!」と言ってただ待っていても、当然ですけど仕事は来ません^^;それがすべての行動も責任も自分次第のフリーランスの仕事。

教室を開催して最初にぶつかる壁が、集客。産後ケア教室は「受講料が高い」と敬遠され、「託児付きなら行けるのに」とも言われる。

ならば、自治体の子育て支援や母子保健講座に「産後ケア」を取り入れてもらおう。

個人で直接教室・講座に脚を運んでもらうだけでなく、自治体母子保健・子育て支援講座に「産後ケア」を提案・採択してもらい、誰でも産後ケアに参加しやすい新しい仕組みをつくる。出産⇨子育ての隙間の「産後ケアの不足」に気づいた私から、今ここで出来る取り組みを始めたらいい。

そうすれば、託児もあり、参加費も抑えられる・または公費で無料で、母親が産後ケアにもっと取り組みやすくなる。
産後女性に一番身近な存在の、保健師さん・保育士さんにも、産後ケアの必要性を知ってもらえる。
今よりもっと当たり前に産後ケアが受けられる地域・社会に、一歩近づくことができる。

そうおもって、自治体に直接アポをとったり、いろんな人たちに担当者をご紹介いただいて、産後ケア講座の企画書を持ち込んで、あちこちでプレゼン営業をしました。

そんなアクションがその後いくつもの自治体産後ケア講座につながって、「毎月、自治体産後ケア講座を開催する」という事業当初の目標を、2015年にほぼ達成できました^^2013年度からは津別町で毎年、2015年度からは釧路郡厚岸町で年間3回の継続した産後ケア講座事業を実施しています。

 

●2013年、産後ケアの仕事をしながらの妊娠・出産・仕事復帰●

産後ケアの仕事を始めて2年目の2012年、夫婦で話し合い、妊娠。残念ながら一度流産も経験しましたが、その後再び妊娠、翌年2013年春に三男を出産しました。

クリック ’13年4月の三男産後の日記はこちらから読めます。私の産後の葛藤満載!

はたらきながらの妊娠・出産・産後を経験することで、育休中の葛藤や仕事復帰への不安も、身をもって知ることもできました。

それも、産後ケア教室やNECワーキングマザーサロンの活動に、ダイレクトにつながっています。

 

●2014年、オホーツクを飛び出して産後ケアを広める●

facebookやブログ、産後ケア新聞を発行する日々の発信で、産後ケアとそれを広める私を知ってもらう完全なる自作自演(!)を続けていると、オホーツク以外の地域からも産後ケア出張講座をリクエストいただくようになりました。


(’14年10月札幌産後ケア講座)

そして各地の出張講座でできたつながりが、登別、根室、十勝、札幌、釧路などの出張講座にも結びつきました。

2011年に産後ケア事業を開始してからの5年で、私のはたらく場所はオホーツクから「北海道全域」に広がりました。

毎日北海道地図を眺めて、産後ケアを届けた町にマーカーをひき、「産後ケアを遠くまで広める!」と、戦国武将のように(!)腕組みして考えていました。夫にはそんな私がかなり凛々しく見えたのだとか・笑。

また、「いつか産院でも産後ケアを伝えたい」と発信して、学びとつながりを広めていったら、2015年12月から北見市中村記念愛成病院での「産院産後ケアクラス」開講が決まりました。

一人でやることなんて、たかが知れている。人と一緒にやるからこそ生み出せる新しい価値があるということを、産後ケアの仕事と、そこで出会うたくさんの魅力的な人たちから、私は教えてもらいました。

さらに小さくまとまらず、自己完結してしまわないよう、全国からおもしろくて魅力的な人たちが集まるNPO法人マドレボニーの一員として、活動しています。

 

●2016年、夫のキャリアチェンジ・家族で札幌に移住・《札幌》産後ケア教室新規開講●

過去ブログで書いていたのは↑ここまで。ここからは2016年からの出来事です。

2013年に三男が生まれたころ、夫の仕事の取り組みがちょっと変化して、その後キャリアチェンジを希望していることを話してくれました。当時の夫と三男の写真^^↓

「自分が望む仕事に取り組める幸せ」は、私自身も知っています。だから、はたらく環境や条件の変化やリスクが…の不安より、夫の希望を尊重し応援したかったし、私もがんばってはたらく!の気持ちが強かったです。

結果、夫の希望が叶い、2016年春に家族で道央に移住・その年の冬には札幌に移住することを決めました。

夫は新しいことに取り組む際も、キャリアチェンジを決める時も、いつも必ず相談してくれました。 そんなコミュニケーションと関係性は、「こんな夫婦・家族でありたい」とお互いが希望して、地道に創り上げてきたもの。コミュニケーションって関係性における何よりのリスクヘッジだなと思います^^

 

そして札幌に移住後の2016年6月から、中央区で《札幌》産後ケア教室を新規開講。

「いつか札幌で産後ケア教室が開催できたらいいなぁ」とふんわり願っていたことが実現しました。今度はここで、産後ケアの仕事をがんばっていく!

ありがたいことに、オホーツクを離れてからも北見をはじめ道東の産後ケアの仕事の依頼も継続していただけて、毎月出張講座もさせていただいています。


(2016年厚岸町母子保健事業産前・産後ケア講座、この時はご夫婦の参加も!)

また、産後ケア教室@北見@網走の卒業生が市民活動団体「マドレ・オホーツク」を立ち上げて、オホーツクで産後ケアに取り組めるようにとがんばってくれています。

産後ケアを知った自治体職員さんや、産後ケアに取り組んだ母たちが、次の母が産後ケアに取り組めるよう、自分のもつ力を存分に発揮して、楽しみながら産後ケアを広めるアクションを起こしてくれています。これぞ、母になった女性の力が社会に開かれ、エネルギーが循環していっている一つの形。

 

●2017年、医療的ケア児の母たちへ産後ケア、産後ケア教室《旭川》《苫小牧》を新規開講、産後ケア夫婦講座

札幌に移り住んで、それまで出会えなかった人たちとの新たなつながりが生まれています。その一つが、医療的ケア児を育てる母たち、NPO法人ソルウェイズさん。

NPO法人ソルウェイズさん企画のセミナーに参加したのがきっかけで、胃ろうや痰の吸引、経管栄養などの医療的ケアが必要なお子さんを育てる母たちを対象に2017年2月に産後ケア講座を開催しました。

産後満足に養生もできないまま、お子さんの病気や障がいのためにケアが始まり、自分のことは後回しになってしまう、ケアマミ。

講座で体を動かしたり、自分自身について話すことが、自分を大事にする時間になれたら。今後も継続して開催していきたいと、NPO法人ソルウェイズさんと話しています^^

 

また、自治体講座でも熱心な職員さんが、津別町産後ケア夫婦講座を企画してくださって、これが大反響をいただきました!他地域での産後ケア夫婦講座の開催リクストも☆

(2017/12/2津別町社会教育事業・産後ケア夫婦講座)

私にとっての仕事は何をやるかも大事だけれど、「誰とどんな関係性を築きながら、どこをめざして共に前に進んでいくか」が、とても大切。

そこに喜びと期待をもって向き合える人たちとの出会いと関係性の構築が、はたらくことの醍醐味です^^

 

 

●専業主婦から子育てしながらはたらくことで一番変化したのは「夫婦関係」●

私が産後ケアに出会って、それを仕事にするまでとここまでを長々書いてきましたが、専業主婦からはたらく母にシフトチェンジするのに一番苦労とやりがいがあったのは、夫婦関係(パートナーシップ)の再構築でした。

「産後セルフケアインストラクターになって産後ケアを届ける」というのは、私には自分の意志と選択の末の行動。

でも、当時の夫にしたら、それまで笑顔で夫・家族をサポートし子育てを楽しんでいるように見えた妻の私が、「私もはたらきたい、そのために協力して欲しい」と言い出すなんて、きっと晴天の霹靂だったはずです。

インストラクター養成コース中も、実際に産後ケアの仕事を開始してからも、何度も家事・子育て・仕事のことで衝突し、「協力し合えないなら距離を置こうか?」と話し合ったこともあります。

その時の様子もこちらのブログ「夫婦でいっしょに…の裏側」に書いています^^

苦労してやっと掴んだ産後ケアの仕事を簡単に手放すなんて、できる訳がない。

だから、夫との話し合いで泣いたり鼻かみながら(!)マインドマップを何枚も描いてしつこくおもいを伝え合い、協力していくために必要なことを「私たち夫婦・家族の新しい仕組み」にして取り入れ変化し続けてきました。

これはきっと、これからもずっと続いていくことです。子どもも成長して、夫婦のはたらき方や考えも変化し続けていくから^^

20代半ばから専業主婦で、なんの経験もキャリアもなかった私が、今こうして子育てしながらはたらいているのは、マドレボニータの産後ケアに出会い、それまで蓋をしてきたけれどいよいよ見て見ぬ振りができなくなった「はたらくこと」「人と・社会とつながりたい」という強い希望に、母になって、30代になってからようやくしっかりと向き合うことができたからです。

そして、隣りで「仕事を通じて社会に何を還元できるか?」を追い求め続ける夫と、「お母さんとして以上に、『一人の大人』として美しい生き方を見せたい」と思わせてくれた息子たち3人がいてくれたからです。

周囲のさまざまな人たち、環境に感謝しながら、これからも北海道に産後ケアを広めていきます^^

長いながい連載、読んでくださってありがとうございました!

おしまい

Follow me!