産後、赤ちゃんをもっと可愛がるための秘訣*7,8月北海道で受付中の産後ケア教室

赤ちゃんとはじめる産後ケアで、体も心も元気に!地域に仲間もできる!
マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの永野間かおりです。

◉受付中のマドレボニータ札幌・北海道の産後ケア教室・体験講座
◉産後ケアで機嫌のいい母になる!無料メルマガのご登録はこちら

昨年の産後ケア札幌教室で、女性カメラマンさんに撮影いただいたご参加者と赤ちゃんの1枚です。ご参加者の笑顔も、一所懸命に母を見つめてる赤ちゃんも、とっても可愛らしい。大好きな1枚です。

最近、「子どものために親がしてあげられる〇〇」って、本やイベントや講座が
たくさんあるなぁ…といろいろ眺めています。

その中で、たとえば赤ちゃんのためなら、成長・発達を促したり、
ぐっすり眠れるようなサポートなど、いろんなものがあります。

 

でも、そのもっと手前の基本的な親ができることが、「赤ちゃんを可愛がって大切に育てる」「愛情をもって抱っこする」ということなんじゃないかと思います。

じゃあ、赤ちゃんを可愛がって大事に抱っこして育てるために必要なことは…?

実は、必要なのは母性とか優しさ…じゃないんです。

「今日は子育てしてる私の体調がいいな」

「昨夜はいつもよりぐっすり眠れたなぁ…」

「夫が抱っこを変わってくれたおかげで、久々にご飯をゆっくり食べられたし、
お風呂にもつかれた」

「寝起きにうーんと大きく伸びをしたり、深呼吸もできた。」

「子育てや自分のことをいろいろ話せる友達に出会えた。」

「子育てのために…と思って運動したら、体以上に気持ちがスッキリしたな」


そんな風に、「子育て中の私」が喜んだり、ほっと安心したり、満たされること。
赤ちゃんを大事にしたいなら、まずは自分の体と心をケアして、
快適にすることが必要なんです。

一つひとつは本当にささやかなことだけれど、そんなささやかなことの積み重ねが、
「子育てする私」の気持ちの余裕につながります。

運動やセルフケアによって産後の体が楽で快適だったり、
大人同士の会話をして気持ちに余裕が生まれれば、
赤ちゃんの可愛さをより深く味わえるようになるんです。

だからはっきりこう言いたい。

「産後ケアはママ・産後女性のためだけのものじゃない、赤ちゃんと、赤ちゃんを迎えた夫婦家族のためのものです」と。

受付中の産後ケア教室と産後ケア体験講座の一覧です。

6ヶ月まで(生後210日以内)の赤ちゃんと一緒に、産後ケアをはじめてみませんか^^?

◉【7/25旭川】マタニティ&産後ケア体験講座
◉【7/26帯広】マタニティ&産後ケア体験講座
◉【7/31札幌】産後ケア教室8月コース火曜
◉【8/21札幌】産後のバランスボール円山ユキコカンガルー助産院教室
◉【8/25札幌】産後のバランスボール豊水すすきの教室
◉【9/13苫小牧】産後ケア苫小牧教室9-10月コース(木曜)

全ての産後ケア教室・産後ケア体験講座のお問い合わせ・ご質問はこちらお問い合わせフォームからお寄せください。

北海道・札幌の産後セルフケアインストラクター永野間(ながのま)かおりでした。

Follow me!