認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの永野間かおりです。

私は、産後ケアを職業としてはたらく前の7年間、2人の息子たちを育てる専業主婦でした。

「このままずっと専業主婦?本当ははたらきたい、社会とつながりたい…。」
「子どもが手を離れたら、私、何をすればいいんだろう?」
「夫に言いたいことが言えない・本音を言って険悪になるのが怖い…」

そんな風に、産後しばらくの間、「母になった自分」や夫婦について悩みもがいた私だからこそ、産後は人生・仕事・夫婦関係、そして自分を見つめ直す「チャンス」!そう思って産後ケアを届けています。

7年もの長い間「専業主婦」だった私が、
なぜ小さな子ども2人の育児をしながらNPOで学び、
個人事業主としてはたらく産後セルフケアインストラクターになったか?

当時まだ2歳・4歳だった子どもたちは?
当初、私がはたらくことに大反対だった(!)夫は、家事育児、妻のサポートをしながらどう変わっていったか?

産後ケアの仕事を創り出すために、私が何を考え、どう行動したか?

連載にまとめましたので、よかったらご覧ください^^

2007年冬
■ 産後ケアを知って怒った私【連載①】

2003年~2006年
■結婚後の私の負い目・初めての産後と産後クライシス【連載②】

2007年〜2008年
■子育てより悩んだ「母になった私」のこと・夫の本音に愕然とした出来事【連載③】

2009年〜2010年
■専業主婦から産後セルフケアインストラクターをめざす【連載④】

2010年〜2011年
■はたらくことに反対した夫・発熱を繰り返す子ども・母になって学ぶ厳しさ【連載⑤】

2011年〜2017年
■産後ケアを職業に・はたらく母になるのに一番向き合い変化したのは夫婦関係【最終回⑥】