産後ケア教室や産後ケア講座でご紹介すると、以外にも「知りませんでした…!」という方が多い、
札幌市の産後ケア事業。2016年9月から利用開始しています。

調べたところ、【生後4ヶ月までの赤ちゃんと母】が対象でした。

産後4ヶ月というと、子育ての導入期。

「赤ちゃんちゃんとおっぱい飲めてるかな?」と授乳に悩んだり、産後続いていた緊張・興奮の最も切れたり、
体の痛みしんどさをいやでも自覚する時期でもあります。

そんな時はムリをせず、自治体の産後ケア事業を利用して、「受けるケア」に取り組んで欲しい。
困ったり悩んだり、しんどいと思ったら、適切なサポート・サービスを選んで受けるのも、
産後・子育てでとても大事なことです。

そこで、こちらのページでは札幌市産後ケア事業を紹介します。

 

参考ページはこちらです。

さっぽろ子育て情報サイト

▼詳細・料金などはこちらをご確認ください。

札幌市産後ケア事業案内のご案内(PDF)

札幌市産後ケア事業を利用できる方

札幌市在住(札幌市に住民票がある方)で生後4ヶ月未満の乳児と母親。

家族などから十分な家事・育児などの援助が受けられず、心身の不調・育児不安などがある産婦(医療の必要な方は利用できません)

 

札幌市産後ケア事業の内容

【日帰り型】と【宿泊型】の2週類があります。利用者それぞれでケアの内容や一日の流れは異なります。

産後ケア事業に必要な持ち物

母子健康手帳、保険証、必要な母子の衣類、 オムツ、おしり拭き、ミルク、哺乳瓶、
(宿泊型利用時)洗面用具等
※必要な持ち物詳細は利用決定時に助産所 から連絡があります。

産後ケア事業を実施している助産院

【宿泊型・日帰り型】

(北区)あいの里助産院

(東区)さくら助産院

(白石区)ありじゅマタニティハウス

(白石区) つるべ助産院

(清田区)さんさん助産院

(西区)助産院「エ・ク・ボ」

 

【日帰り型専用】

(中央区)ユキコカンガル―助産院 

(中央区)feel助産院

 

産後ケア事業利用申し込みの流れ

電話か来所で助産所に利用申込み →札幌市から利用決定通知書送付 →産後ケア利用

札幌市の産後ケア事業を実施されるさんさん助産院・大友院長に、以前お話をお聞きしたところ、

「出産した病院を退院して、その脚で産後ケア宿泊なさる方もいますよ^^」とのことでした。

 

また、産褥期の養生のための産後ケア利用だけでなく、授乳の悩みもこじらせてしまう前に、
早めに助産師さんに相談・ケアを受けた方がいいですよね。

私も産後に授乳がなかなかうまくいかず、助産師さんのおっぱいケアで体も気持ちまで楽になったことが、
数え切れないほどあります。

子育てをどうか一人で頑張ろうとしないで、必要なケアやサポートを受けてください^^

そして、「受ける産後ケア」を終えたら、
産後2ヶ月以降はマドレボニータの「自分の力を発揮して取り組む産後ケア」がおすすめです。

マドレボニータのマタニティ&産後ケア教室@札幌

そうやってムリなく段階を踏んでていねいに産後ケアに取り組めば、
子育てを楽しむ体と心の余裕も出てきます♪