札幌産後ケア教室

産後の自己肯定感「私たちがんばってる!」(産後ケア札幌教室3月コース2週目)

投稿日:

2021年に入って最初の産後ケア札幌教室、3月コースから再開・スタートしました。

感染対策のため、定員を減らして、常にマスクを着用。

毎週体調チェックをしたり、ご参加者同士の間隔も十分にとりながらの産後ケア教室。

 

以前とは全く違う形でも、「今できることを」と教室再開に踏み切ってよかったと、今はおもいます。

 

だって、この状況でも6組もの産後のみなさんと赤ちゃんたちが教室に脚を運んでくれています!

 

教室を必要としてくれる産後のみなさんがいて、ともに運動で汗を流して、コミュニケーションをとって、

「楽しかった!」「1週目の教室のあとで腰痛が楽になった!バランスボール買っちゃいました!」なんて、

うれしい声を寄せてくださるんです。マスクの下で、おもわず涙が出そう。

 

 

そして対話の時間には、こんな声が。

 

「コース仲間のお話を聞いて、立場や環境は違っても、

『わかる!そうだよね!』と共感できることがたくさんあった。

『産後の私たち、ほんとよくがんばってる!』っておもえた」

 

そうなんですー!

さまざまなことが制限されるこの状況下で、妊娠・出産を経て、

産後・子育ての導入期を過ごしている、参加者のみなさん。

 

希望が叶わないことも、我慢していることも、諦めざるを得ないことも、きっとたくさんあります。

 

たとえばこの1年、自治体の母親学級や両親学級、子育て支援センターも利用制限があります。

必要な情報や場にリーチできない異例の事態が、当たり前・仕方ないものとされているんです。

 

そんな中でも、目の前の赤ちゃんを日々ケアして、なんとか日々をサバイブしているんですよね。

 

でも自分に対しては、「私、よくやってる」とはなかなか言えません。人は自分に一番厳しいから!

 

でも、同じ産後仲間の話を聞くと、「大変だよね」「それでも私たち、よくやってるよね」と、

素直に認められる。

そこから、同じ産後の自分もよくやってる、がんばってるよね!と、仲間も自分もねぎらえるんです。

 

もう、出来なくて残念だけど、気持ちだけは「ハグーーーー!!!」です。

 

3月コースのレッスンは、残すところあと2回。

 

その後は、4月コース、5月コースを開催・すでに受付開始していて、

おかげさまでお申し込みも徐々に入り始めています。

 

\産後ケア札幌教室4月コース以降は、調査研究協力のアンケート回答で【受講料無料(全額補助)】となる「みんなの産前・産後ケア調査研究プロジェクト」を実施・お申し込み受付中です/

 

 

【4月コース】4月6,13,20,27日(火)10:00-12:00   ※受付中

(2020/09/29以降生まれの赤ちゃんは同伴参加可能)

【5月コース】5月11,18,25日,6月1日(火)10:00-12:00   ※受付中

(2020/11/03以降生まれの赤ちゃんは同伴参加可能)

 

【受講料】 15,360円(保険料込)→調査研究協力(アンケート回答)で受講料補助【無料】となります。

※アンケート回答を希望されない場合は通常の受講料(15,360円)で参加いただけます。

 

【会場】レンタルスタジオ豊水すすきのSQ(札幌市中央区南五条東2丁目11 シティビル南5条2F)

(豊水すすきの駅5番出口より徒歩5分。バスセンター前駅3番出口より徒歩9分。お車でお越しの際はビル隣や周辺に複数あるコインパーキングをご利用ください)

【札幌】産後ケア教室のお申込はこちらをクリック
お問い合わせはこちらをクリック

 

人との関わりが減ってしまって、イライラや、鬱々した気持ちや、自分を責めてしまいそうな気持ちになる、産後。

こんな時期だからこそ、ちょっと勇気を出して産後ケア札幌教室にたどり着いていただけたら…!とおもっています。

 

★受付中の全ての産後ケア札幌教室、産前・産後のセルフケアオンライン教室、60分ショートレッスンはこちらから★

 

Follow me!

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-札幌産後ケア教室

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.