メディア

11/10NHKほっとニュース北海道で産後ケア取材放送【北見市まちづくりパワー支援事業マドレ・オホーツク企画産後ケア講座開催報告】

更新日:

赤ちゃんと一緒にムリなくできる産後ケア教室で、

子育てのための体力づくりと仲間づくりもできる!

 

NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター・

北海道の永野間かおりです。

 

★マドレボニータ札幌(北海道の産後ケア)facebookページはこちら★

 

金曜は、北見市まちづくりパワー支援事業

「マタニティ&産後のための心と体のセルフケア講座」を開催しました。

 

12組の参加者のみなさんと、赤ちゃん7名でにぎやかに♪

しかもNHK「ほっとニュース北海道」に取材・放送いただきました!

NHK北海道NEWS WEB
「産前産後ケア学ぶセミナー」

産後ケアを当事者の女性だけでなく、

産後と子育てを支えるさまざまな立場の方たちに伝える機会をいただけました。

取材いただきましたY記者、ありがとうございました!

取材は入りつつも、今日も「産後の股の黒ずみが」とか、

お腹のブヨブヨが…など、産後ケアでお伝えする内容に、今回もブレはありませんよ、

身体張って、羞恥心どこかに置き忘れてるよ私・笑!

 

産後ケアが初めてのフレッシュでドキドキされてたみなさんも、

エクササイズで思いきり体を動かし、たーくさんの笑顔見せてくださいました。

参加者のみなさんがよくおっしゃるのが、

「こんなに笑ったの久しぶり!」ということ。

 

そうなんです、普段、赤ちゃんに微笑みかけることはあっても、

こんなにゲラッゲラ笑うって、産後はなかなかありません。

 

でも、バランスボールの有酸素運動で弾んでいると自然に笑顔になるし、

思うように動けないことにもw爆笑してしまう^^

 

そうやって笑うことで、体と心の緊張がほぐれ、

その場にいるメンバーとの一体感も味わえる。

 

笑うとか楽しいって当たり前の感情表現のようで、

実はそれを引き出す「刺激」がないと、淡々と無表情に毎日を過ごしてしまうことも。

そして産後はしあわせな反面、赤

ちゃんと家にこもりがちで「孤独」にもなりやすい。

 

そんな産後女性に、赤ちゃんと一緒に一歩外に出て、

息が弾み汗をかける気持ち良い有酸素運動で体を整え、

「私は」を主語にした大人の会話で自分を取り戻すきっかけを得て欲しい。

 

それが産後うつを予防と、

地域で子育てする仲間とのつながりを得るきっかけになるはず。

 

記者Yさんと取材クルーのみなさんも、オススメしたらバランスボールで弾んでくださいました^^ありがとうございました☆

 

《ただいま受付中の産後ケア教室・出張講座》
【苫小牧】産後ケア教室11月コース(11/2,9,16,30木)※体験受講歓迎!
■【11/11北見】マドレ・オホーツク「マタニティ&産後ケア講座」
【11/15札幌】産後のバランスボール円山ユキコカンガルー助産院教室 ※残席1
【11/28開始・札幌】産後ケア教室12月コース(11/28,12/5,12,19)※残席7

◉産後ケア教室・出張講座・母親サロンのお問い合わせはこちらから

 

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-メディア

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.