about me

40歳になったから人間ドックに行ってみた話。

投稿日:

マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの
永野間かおりです。

 

年末に私、40歳になりました。

 

40歳ってなんていうか、おお、40代ついに・・・!と
これまでとはなんだか違った感慨があります。

 

歳とったな、もう若くはないな…なんてガッカリではなく、
いや、紛れもなく歳とってはいるし、
そのことに多少ショボンともしてるんだけど、


「そうか、私も40歳だなんて、大人な歳になっちゃったか…」と、
ただただ感嘆というか、びっくりが大きい。

 

じゃあ10年前、30歳になった時はどうだったか?というと、
正直あまりよく覚えていないんですよね^^;

 

 

ちょうど2歳・0歳の子育て真っただ中で、
自分を構うとか大事にするとか、
自分に目を向けることがほとんどありませんでした。

 

自分に目を向けないどころか、
「子どもに手がかかるから」「毎日忙しいし…」と
言い訳してたんだったな、私^^;

 

40歳になったこの冬はいい節目だし、
何よりこれからも元気にはたらいて、
子育てして生きていきたいと思ったので、
初めて人間ドックに行ってきました。

 

人間ドック、どこで?

私が受診したのは、人間ドックや健診専用のこちらのクリニック

年明けに予約の電話をしたところ、最短で予約可能が3週間後でした。

もし、新年度の仕事復帰前に健診を受けたい…なんて方は、
早めに予約した方がいいかもしれません。

 

そういえばわが家は、冬に歯医者通いしています。


春〜秋は、何かと忙しいでしょ?

でも冬は寒いし、あまり出歩かないし、時間あるし…なので、
歯医者通いするにはいい季節。

どうせ必ずするものなら、いつするか?の
タイミングさえ決めてしまえば、
あとは予約・受診と早くていいですよ^^

 

人間ドックのコースは?

40代・女性でオーソドックスなこちらにしました。

医師面談
身体測定
視力検査
聴力検査
血圧測定
心電図
胸部X線直接撮影
血液検査
尿検査

 

それなりに盛りだくさんだねー!

事前に尿と便検査もあります、ちょっと面倒だけど、必要だから!

 

オプションで追加した婦人科検診 

通常健診でもほぼ網羅しているけれど、私はこれに婦人科検診の

乳がんと子宮ガン検診も有料オプションで追加しました。

 

よほどの痛みや症状が出ないと、
そうやすやすと受診はしないでしょう?

忙しいし、また今度・・・って言い訳して先送りしちゃう。


だから今回がいいチャンス!と思って追加しました。

 

初めてのマンモグラフィー、噂には聞いていたけれど
おっぱいを挟むのは痛かった!


30代・40代は乳腺がたくさんあるので痛みを感じるそう。

50代以降は乳腺が萎縮して脂肪に変わるので、痛みも減るんですって。

…なんて興味深い看護師さんのお話^^

 

人間ドックの感想

初めてフルコースで人間ドックを受けた感想は・・・

 

 

・診察にも時間にもとにかく無駄がない!
2時間をまるでベルトコンベアに乗せられたかのように
次々検査に呼ばれて、あっという間に終わった。

・かといって対応が機会的なんてこともなく、
質問すれば丁寧に答えてもらえるし、安心。

 

・あまりにも視力が良すぎて、2.0だってよ・笑。

帰宅して長男に話したら、
「あれでしょ、アフリカの先住民族並みに目がいいんじゃない?」
と笑われたwくそっ!!

きっとあれですよ、私老眼をいち早く感じるね。
だってあまりにも今見え過ぎているからww

 

・体重はこの10年で1.5キロ増(落とそうw)、身長はなぜか
2センチほど伸びていた。・・・姿勢が良くなったせい?
バランスボールのおかげか!

 

・20年ぶりにバリウム飲んだけれど、医療が進歩しても
ウップ!となるのは変わらないのね。ちょっとしんどいわ。


バリウム飲んだ後に、「右に2回転〜」とか指示されながら
台の上をゴロゴロ転がる自分の姿・必死さを想像して、笑ったw

 

 

終了後、会場ビル内のお店のお食事券をいただきました。

空きっ腹にカレー、攻めすぎたな・笑。

食べながらホッとしました。やっぱりちょっと緊張していたのか、私^^

 

40歳になってしんみりするのは、
「人生折り返し」と心のどこかで感じてるから、そう気づきました。

 

今や人生80年どころじゃない、100年だって、
もしかしたらそれ以上に長く生きるかも知れない。

 

逆に、病気や事故など、身近な人のあまりに早い
唐突な死というのも年を重ねるほど増えてきて、
以前よりずっと「死」が身近にも感じられるようになりました。

 

 

人間だからいつかは亡くなるし、でもその日までできるだけ笑って、
満足しながら暮らしたい。

 

子どもの成長だって、まだまだ間近で見て触れて、
手を貸していきたい。

 

人間ドックや健康診断って、その希望や目標を着実に叶えていくための
準備やお守りみたいなものなんだと思います。

 

家事育児、仕事に…と30代、40代は大忙しだけれど、
自分のために・家族のために・そして仕事で今、
これから関わる人のためにも、
定期的に健康診断を受けようと決めました。



あとね、最近知り合いに聞いて胸ときめいた、
「55歳からは、今よりもっともっと自由でおもしろい!」という言葉。

それを実感するためにも、心も体も健康でありたい。
そのためのセルフケアもコツコツ続けます。

 

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの
永野間かおり@札幌でした。

facebookマドレボニータ札幌facebookページもご覧ください♪

 

<受付中の産後ケア教室・体験講座>

「4回コースでじっくりと産後の体と心をケアしたい」という方はこちら☆
◉2/12産後のバランスボール円山ユキコカンガルー助産院教室 ※残席3
◉2/22,23マドレ・オホーツクのマタニティ&産後ケア講座
◉産後ケア【札幌】教室3月コース(3/5,12,19,26・火曜10-12時) ※残席6
  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-about me

Copyright© マドレボニータ札幌の産後ケア教室 @札幌@旭川@苫小牧@北見 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.