妊娠中・産後お役立ち情報 札幌産後ケア教室

産後をマネジメントする夫・取り組む産後ケアを知らせる産後ドゥーラさん

更新日:

今日から始まった、【札幌】産後ケア教室11月コース

 

初回なので、参加の目的やきっかけを伺いました。

 

「疲れた!しんどい!と夫に伝えたら、『これはやばい!』とおもったのか、

すぐにネット検索してマドレボニータの札幌教室を見つけて、受講を勧めてくれた」

 

「産後の家事支援を依頼した産後ドゥーラさんに、マドレボニータを教えてもらった」

 

そんな声を聞くことができました。

 

 

その話を聞いてまず感じたのが、妻やサポート家庭の状況を考えて、

必要な支援につなげてくださったパートナーと、

産後ドゥーラさんへの「感謝」でした。

 

 

きっと、目の前の妻や、サポートする産後女性の力になりたい。

そんなおもいがあったのでしょう。

 

 

だから、産後女性本人が、少しでも安心して、心身共に快適な状態になれるよう、

必要な情報を探し、提案して、行っておいで!と送り出してくれる。

タイミングもすばらしい産後マネジメント、サポートですよね^^

 

そして何より、「しんどい」とか「産後の体調が心配」と、

不調や不安を隠さずにちゃんと伝えた産後女性ご本人の勇気にも、

敬意を表したいな、と。

 

 

大人になればなるほど、弱音を吐いたり、周りを頼るのが難しくなります。

「だって大人だから」「もうお母さんなんだから…」と、

多少のしんどさは蓋をして、我慢して、なんとなくやり過ごして…となりがち。

 

 

そこを素直に正直に、「しんどい」「不安」とヘルプを出したからこそ、

産後の今必要な情報や次のサポートにめぐりあえたんですよね。

 

赤ちゃんを抱っこして笑顔でいると、どうしたって幸せそうに見えてしまう。

 

でも、産後はそんなにシンプルでも簡単でもない。

 

だから、これを読んでいて、今疲れているな・しんどいな・不安だなと

感じている産後の方がいらしたら、どうかどうか、

身近なパートナーや話を聞いてくれる方、サポートして応援してくれそうな方に、

その気持ちをそのまま伝えてみて欲しいです。

 

疲労感や不安は、素直に口に出せば出すほど、

それを和らげるための適切な情報やサポートが早めに得られます。

パートナーでもいいし、保健師さんでもいいんです。

言わないと、本人の困り感ってなかなか伝わらないので、

遠慮せずに、どうかぜひ^^

 

「困った」「不安だ」と言うのは、相手の負担になると思うかもしれません。

 

でも、もしあなたが、友人から何か困りごとを相談されたら、

「自分を信頼しているから、頼って話してくれるんだ」っておもうでしょう^^?

産後だって、それは同じです。

ヘルプ!は、助けてくれると信頼して期待しているから言えることです。

 

もちろん、ご自身で産後ケアに取り組んでみよう、

赤ちゃん連れの外出にチャレンジして慣れていこう、

地域の同じぐらいの月齢の母仲間をつくりたい!

そう思われたら、【札幌】産後ケア教室にお越しくださいね^^

 

★受付中のマドレボニータ札幌の産後ケア教室・イベント・出張講座の情報はこちら★

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-妊娠中・産後お役立ち情報, 札幌産後ケア教室

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.