札幌産後ケア教室

【札幌12月募集】双子母の産後ケア教室受講をサポートする介助ボランティア

投稿日:

【札幌12月募集・北海道の産後ケア教室卒業生のみなさんへご協力のお願いです】
産後ケア札幌教室12月コースに、双子ちゃんと母をお迎えします。
そこで、ご自宅最寄駅からの付き添い、
レッスン中の赤ちゃんのお世話や授乳&ミルク、
オムツ替えのサポートをしつつレッスンに一緒に参加していただく
「介助ボランティア」を募集します。
※ボランティアは、産後ケア教室卒業生さんが対象です。
ぜひ双子母の産後ケア受講にお力をお寄せいただけたら助かります。
【多胎児母産後ケア札幌教室受講の介助ボランティア募集】
◆日時:【12月コース】11/26,12/3,10,17(火)9:45−11:45
 
(札幌市中央区南5条東2丁目 南5条東2丁目 シティビル南5条2階)
豊水すすきの駅3番出口より徒歩5分
 
◆お申し込み:4回通しでも、また1回のみでもありがたいです。コメント欄、または永野間宛にメッセージでお知らせください。※移動の付き添いが難しい・レッスン中のみなら…という場合も助かります!
 
◆サポート内容:ご自宅最寄駅(南北線)⇆スタジオ間の付き添い、レッスン中の赤ちゃんのお世話サポート※交通費として1回2,000円をお渡しいたします。
 
◆その他:介助ボランティアさんには双子のもう一人の保護者としてご参加いただくため、介助ボランティアご自身のお子さんは必ず預けて単身でのサポートをお願いします。
ひとり親、多胎の母、障がいをもつ児の母、低体重出生児や早産児の母、10代の母、東日本大震災で被災した母、妊娠中長期入院した母、生後長期入院した児の母を対象に産後ケア教室の参加費をサポートする「マドレ基金」をご利用して、実際に参加される仕組み。
 
どうぞご検討の程、お力添えよろしくおねがいいたします。
  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-札幌産後ケア教室

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.