妊娠中・産後お役立ち情報

産後に言葉が出てこない・うまくしゃべれない、どうすればいい?

更新日:

「産後、話そうとするとどもるようになってしまって。

話したいのに、うまく言葉が出てこない。

こんなの私だけなんじゃないかな?って不安で・・・」

 

産後ケア札幌教室で、そんな風に話してくれた参加者の方がいました。

 

 

これ、決してめずらしいことじゃありません。

今までに何人もの産後女性から、同じような声を聞いています。

 

 

私自身も、産後に言葉がつっかえたり、

おもうように話せない経験をしたことがあります。

 

「産後だから寝不足で頭がはたらかないし、仕方ないよ」

「今だけだよ、そのうち元通りになるよ」

そう周囲になぐさめられても、やっぱり本人にとっては切実だし、不安にもなります。

 

産後にどもったり、思うように話せない理由の一つは、

産後に赤ちゃんと家にこもりがちになって、「大人と話す機会」が激減してしまうことです。

 

人って、使わないスキルはどんどん鈍っていきます。

 

大人と話していないと、いざ話そうとしても、

話したいことを言葉でまとめられなくなってしまう。

 

して焦ったり、どもったり、言葉が出てこない・・・という状態に、

産後なら誰でも簡単になり得るんです。

 

その人の性格とか資質が原因じゃないし、産後女性が悪い訳ではありません。

 

 

 

じゃあどうしたらいいか?というと、答えはすごくシンプルです。

 

「私は」と自分を主語に、考える時間をもつ。

それを大人同士で話す・聞く機会をもてばいいんです。

 

 

産後ケア教室の後半は、コミュニケーションワークの時間です。

ご参加者同士がペアになって、話す・聞く時間を設けています。

最初は30秒から、次は3分…と、時間を区切って自分の言葉で話していただきます。

 

「まとまらなくてもいい、支離滅裂でもいい、話があっちこっちに飛んだって、

沈黙の時間があっても構いませんよ」とお伝えしています。

 

話し手は、今、頭に浮かぶことや、感じていることをとりとめなく自由に話します。

聞き手の方は、口を挟まずに、最後までじっくり聞き届けます。

 

ね、すごくシンプルでしょう^^?(だからこそいろんな効果があります☆)

 

 

最初は戸惑ったり、緊張する産後のみなさん。

 

 

当然ですよね!

だって、産後女性が普段周りから聞かれるのは「赤ちゃん」のことばかりだから。

 

 

赤ちゃんの話題で話す成長や発達具合は「情報」や「状態」。

 

一方、産後ケア教室で考えたり話すのは、

今感じているオリジナルな「おもい」や「感情」、「悩み」や「希望」です。

 

 

それを言語化するのだから、それはそれが、想像以上に脳が刺激されて活性化するんです。

話し終えた後のみなさんの表情は、なんだか嬉しそう^^

 

「ママ以外の『自分』を取り戻した感覚!」

「産後はじめて自分のことを考えたかも知れない!

「産後の思考にスイッチが入った!」

 

コミュニケーションワークに取り組み、そんな感想を伝えてくれる方もいます。

 

 

そんなていねいな自己表現とコミュニケーションを毎週積み重ねていくと、

誰もが少しずつ、自分のおもいを言葉で表現できるようになっていきます。

 

最初は「上手く話せない、言葉が出てこない…」と言っていた方ほど、

その変化を実感するようです。

 

 

また、「コミュニケーションワークで考えたり話した話題を、

帰宅してからパートナーともじっくり話してみた」という方もたくさんいます。

 

そうやって夫婦で「赤ちゃん・子育て以外」のお互いのことを話せたことがうれしくて、

自信にもなる。

産前のような夫婦2人の時間を取り戻したよろこびも、これまでにたくさん聞いています。

 

すると今度は、

「子育て中だからこそ、これからも意識して『夫婦で対話』する時間を大事にしたい」

そんな希望が湧き上がります。

 

週末、子どもを寝かしつけてから、お茶を飲みながら夫婦で話してみたという方。

また、子どもを預けて夫婦でランチに出かけてみたという方。

そんな風に、コミュニケーションの時間をとろうとする行動につながります。

 

赤ちゃんが生まれて、もちろん幸せ。

 

でも、産前とは違う自分に戸惑ったり、

不甲斐なさを感じて落ち込んだりするのも、

産後女性のリアルです。

 

そんな時は、どうか自分を責めずに、

「わたし最近、誰か大人と話したかな?」

「自分自身のことを考える時間、あったかな?」

と普段のコミュニケーションを振り返ってみるチャンスです。

 

 

子育ても、子育てしながらはたらくことも、

決して母一人のチカラではできません。

 

パートナーや他人と言葉を交わすコミュニケーションと、

そこで自分の意思や気持ちを伝える言葉が必要。

 

 

産後ケア札幌教室は、産後のコミュニケーションへの意欲や力を取り戻すサポートもしています。

 

★札幌・道内で受付中の産後ケア教室・バランスボール教室・出張講座一覧はこちら★

 

 

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-妊娠中・産後お役立ち情報

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.