札幌産後ケア教室

赤ちゃん連れでバスに乗って移動する自信がついた!(産後ケア札幌教室2019年10月コース)

投稿日:

本日より、産後ケア札幌教室10月コースがスタート。

産後の方2組とプライベートレッスン感いっぱいですが、

「かえって贅沢!ラッキー☆」と喜んでくださってありがとうございますー!

10月の1ヶ月間、赤ちゃんとともに、一緒に楽しみながら「体力」と「ことば」をつけていきましょう♪

 

●何気ない会話から自分の話に

 

レッスン開始前のお話で、お二人ともルーツはオホーツクだと判明!

私も札幌の前は網走住まいだったので、3人みんなオホーツク愛が止まらない・笑。

あそこのお店はいいとか、網走監獄は観光に喜ばれるけど、

地元民は小学生から何度となく行っているwとか、

地元トークでワイワイ盛り上がりました。

 

何気ない会話のようだけど、こうやって「大人同士の話」をすることが、産後は大切。

 

自分のことを伝えたり、好きなものを話しながら、

「私ってこういう人」をアピールするのが人間ですものね。

 

産後だからって、「赤ちゃんが」と子どもを主語にした話だけじゃつまらないし、もったいない。

産後のあなたの話を、聞きたい。

 

これを読んでいる産後の方、「自分の話」、してますか^^?

 

 

●赤ちゃん連れでもバス移動できた!自信がついた

 

後半のコミュニケーションワークで、

「産後ケア教室に参加するため、

 今日は赤ちゃん連れでバスに乗ってみた。

 不安だったけど無事にスタジオまでたどり着けたし、

 これをきっかけに行動範囲もどんどん広げていけそう!」

とうれしそうに話してくださいました。

 

彼女は、

「産後ケア教室は4回コースだから、毎週必ず出かけられる。それがいい!」

と参加されたのだそう。

 

大人一人ならなんでもない公共交通機関での移動も、

赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーを抱えながら、

しかも着替えやオムツをパンパンに詰めた

鞄を抱えながらだと、なかなか大変。

 

しかも、「途中で泣いたらどうしよう?」

「周りに迷惑がられないかな?」と不安もいっぱい。

 

その不安を乗り越えて、赤ちゃんとバス移動したからこその

達成感と自信、意欲ですよね!

 

これをきっかけに、赤ちゃん連れで行ける場所・できることが、

どんどん増えていくはず。

 

その一歩を踏み出した自分を、「アタシえらい!!」

「赤ちゃんもありがとう!」とどうか存分に褒めてあげて欲しい!

 

ああ、長くなってしまいそうなので、続きはまた後ほど!

 

<受付中の産後ケア教室・バランスボール教室>

【札幌】産後ケア教室10月コース(火曜) ※体験受講毎週受付中
※3/25以降生まれの赤ちゃんが同伴可

【苫小牧】産後ケア教室10月コース(10/3開始・木曜)
※4/4以降生まれの赤ちゃんが同伴可

【10/19札幌】産後のバランスボール教室(土曜)※残席わずか!
※3/23以降生まれの赤ちゃんが同伴可

【札幌】産後ケア教室11月コース(10/29開始・毎週火曜)
※4/23以降生まれの赤ちゃんが同伴可

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-札幌産後ケア教室

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.