子ども・子育て 子育てしながらはたらく

2歳が11歳になると。

更新日:

こんにちは、永野間かおりです。

今日は子育ての話。

今週半ば、二男11歳が学校行事で、滝野へ1泊の宿泊学習に出かけました。

事前の旅支度に、着替えや沢探検の準備、上履きに川遊び用に靴も2足もって、軍手に虫除けにおやつは300円分と、3日ぐらいメッチャ時間かけて自分で荷物詰め込んでいました。

 

私が手を貸したのは、荷物を詰め込むスポーツバッグを渡したのと、新しい靴ヒモを通してやっただけ。

「今夜はハル(二男)がいないね〜ちょっとさびしいな」なんて言いながらの、長男三男といつもより静かな夕飯の時間。

その後、長男は塾へ(中学生は平日夜授業)。

私と三男は、夜のお出かけってワクワクするなー!と騒ぎながらw近所の銭湯へ。

「女湯に入るのは今年が最後、だって来年は小学生ですもの…!」とか言いながら。そうそう三男、家じゃ毎晩兄たちとお風呂入ってて、私とはもう入らないんです。ちゃんと洗えているかは・・・?うん、多分大丈夫だろう・笑。

 

銭湯から帰って、アイスを食べて、ボードゲームして、絵本を読んでのんびり。

 

こんな風に、家族のうち誰かが不在の時は、残ってるメンバーを存分にえこひいきすると決めてます。3人いると、ちょっと待ってとか、手薄感が否めないので。そういえば先週は、夏休み終わりの長男と2人でランチしたなぁ^^

 

そこへ単身赴任先の夫から、「9年前のハル(二男)だよ」と届いたのがこちらの写真。

ま、丸い!二男2歳のころ。鼻水出てるw

私が産後セルフケアインストラクター養成コースで1年学ぶため、長男と一緒に通える保育園を探して通い始めたころでした。

こんなに小さかったんだなぁ…。

この頃の二男は、顔も体もまん丸パツパツで、よく泣いてました。3つ上に兄がいるので、声張ってアピールしなくちゃ!こっち見て!!だったんだろうなぁ。

 

あと、二男は気管支がとても弱くて、すぐに喘息の発作が出ては、即入院。一夏に2度も入院して、夜間救急にも何度か駆け込みました。小さな体でヒューヒュー咳き込んで、ほんとうに苦しそうだった。

 

親の私たちはその度に、明日はどっちが仕事休む?入院付き添い・通院する?と相談し、仕事や学びを休み、毎日が綱渡りみたいな日々でした。

入院付き添いしながらベッドの脇でノートを広げ、必死で筆記試験の勉強をしていたのを覚えています。大人になって学ぶって、こういうことなんだ…と。学生の頃は、自分のことだけ考えて、ラクをしていたんだなぁ…って、反省・トホホな気持ちにもなりながら。

でも、そんな風に大変だったおかげで、いいこともありました。

 

それは、「子育ては夫婦二人だけじゃ、とてもじゃないけど担いきれない」と、身を以て知ることができたこと。

 

だから義父母・保育園・自治体サポートに友人と、たくさんの手や愛情やサービスに頼りながら、なんとかやっていこう…と、子育てを外に開くきっかけを得られたんです。

 

大変だから諦める・・・じゃなくて、大変だけど、子どもが安心できる環境を用意して、親の私たちもやりたいことに取り組むにはどうしたらいいか?を、子どもが小さい時期から考え始められたのは、今振り返ってもほんとうによかったです。

二男が丈夫だったら、こんな葛藤や学びは経験できなかったから。

二男2歳のころのまん丸加減も、11歳になった今の、よく笑って陽気で、友達とずっと外遊びしてて、ほとんど家にいない・笑 ところも、どっちもおもしろくて、何歳になっても可愛いし、大事です。

当たり前なんだけど、子どもって着々と育っていくんだなぁ・・・と3人の子どもたちそれぞれを見ていて思います。

冒頭の二男の旅支度も、親の私がやってあげたら早いしスムーズだけれど、それじゃ子どもが人任せになってしまって、この先「何を・どうすれば?」と困ることになる。

人はやったことがないことは、いつまでもできないから。

だから子どもが自分でできるように、失敗や忘れ物もしながら学んでいけばいい・・・と、親の私が腹を括らなくちゃいけないところなんですね、ここは^^;

14,11,6歳のちょっと年の離れた3人の子育てをしながら、子育ての折り返し?終わり?を意識し始める夏です^^

 

【受付中の産後ケア教室・産後のバランスボール教室】

【9/3札幌】産後ケア札幌教室9月コース ※あと3組

【9/10札幌】産後のバランスボール円山ユキコカンガルー助産院教室 ※あと2組

【9/12苫小牧】産後ケア教室体験レッスン ※あと4組

 

 

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-子ども・子育て, 子育てしながらはたらく

Copyright© マドレボニータ札幌の産後ケア教室 @札幌@旭川@苫小牧@北見 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.