マドレ・オホーツク

【2020/1/10,11北見募集】マドレ・オホーツクのマタニティ&産後ケア講座・産後ケアカップル講座

更新日:

こんにちは、札幌/北海道の産後セルフケアインストラクター・永野間かおりです。

◉受付中のマドレボニータ札幌・北海道の産後ケア教室・体験講座

 

オホーツク北見で産後ケアを広めようと活動する市民活動団体 マドレ・オホーツク 主催のマタニティ&産後ケア講座。

今年度最終の1月講座の募集案内です。北見の方はもちろん、市外の方も参加いただけます。

 

参加対象は、妊娠中(16週〜)・産後(1 ヶ月検診後〜)・子育て中・産後ケアに興味のある女性。

1/11(土)午前講座は男性も参加OKのカップル講座です!

 

 

北見マタニティ&産後ケア講座のお申込はこちらをクリック

●マドレ・オホーツクfacebookページはこちらです!
いいね!でぜひオホーツクの産後ケア情報をチェックしてください♪●

 

【1/10,11北見】マドレ・オホーツクの
マタニティ&産後のための心と体のセルフケア講座

■日時と会場(ご希望の日時を選択してください)

◉2020年1月10日(金)13:00-15:00  ※受付中

 

◉1月11日(土)10:00-12:00  ※受付中
♡カップル参加優先受付とし、女性単身参加はキャンセル待ち受付(開催数日前に参加可否連絡いたします)  ※託児あり

 

●場所/中村記念愛成病院・3F多目的ホール(高栄東町4丁目20-1)

※1/10講座は2019/6/14以降生まれの赤ちゃんが、

1/11講座は2019/6/15以降生まれの赤ちゃんが一緒に参加できます。

北見マタニティ&産後ケア講座のお申込はこちらをクリック

 
■対象
出産後の女性(産後1ヶ月検診を終えて経過が順調な方から〜産後何年でも)
妊娠中の女性(妊娠16週以降で運動制限のない方・健診で医師に運動の可否をご確認ください)
・子育て中の女性  (産後何年経っていてもからだのケアは遅くありません!)
・土曜講座はご夫婦で参加いただけます(女性単身での参加は「キャンセル待ち受付」とし、開催数日前にお席に余裕がある場合お受け入れ致します)
 
 
■お子さんの同伴について:
赤ちゃんの安全面とのびのびと遊びたい欲求を十分に満たすため、
講座に一緒に参加できる赤ちゃんは【生後210日以内の赤ちゃん】としています。

※それ以前に産まれた赤ちゃん・上のお子さんは、信頼できる方にお子さんを預けて単身でご参加ください。

また土曜講座は会場隣室での有料託児も受け付けていますので、
お申し込みメール最後のメッセージ欄にて「託児希望・お子様のお名前・月年齢」をお知らせください。

 

■参加費:1,000円(1回)

■マドレ・オホーツクブログはこちら

お問い合わせはこちらをクリック

妊娠中・出産後こんな不調はありませんか?

妊娠中の体重増加を予防したい!運動不足を解消したい

✅ 出産後、体型が戻らない・お腹や腰回りをなんとかしたい

✅ 尿もれ・便秘・寝不足・肩こり・腰痛・
膝の痛みなどに悩んでいる

✅ 産後の骨盤のゆがみ・違和感・ママ腱鞘炎を解消したい

✅ 赤ちゃん連れの外出が不安・・・

✅ 夫にイライラしてしまう・妊娠出産で夫婦ゲンカが増えた

✅ 子育てと仕事の両立が不安・仕事復帰のことを考えたくない

✅ 誰か大人と話したい!ママ友が欲しい

 

産後に本当に必要なのは
 心身のリハビリ=「取り組む」産後ケア/

産後女性は見た目には、お腹もへこんで、赤ちゃんを抱っこして幸せそうな、
ちょっと疲れてやつれて見える、巨乳の人(授乳中だから!)。

でも体の内側では、胎盤が剥がれた子宮内壁から出血が続き(悪露)、
グラグラと不安定な骨盤や関節に、尿漏れや授乳トラブルも抱えています。

 

産後の体は、事故後全治2ヶ月相当のダメージを負っています。

それなのに、母乳を与えるエネルギーで1日517kcal=ラグビー1試合分の体力を消耗しています。

 

そんな産後に必要なのは、

①産褥期(産後6〜8週)の体を横たえて養生すること、
②有酸素運動で体力を回復していくことです。

また、抱っこや寝かしつけなど、子育てには筋力と持久力が必要です。

体力があれば、赤ちゃんをしっかり抱っこできる!
産後の体にやさしい有酸素運動は、心のリフレッシュにもなります。

 

そして実は、骨盤や関節をつなぐ靭帯が緩んでいる産前・産後に
筋肉を使った正しい姿勢を身につけることは、妊娠前より健康で「美しい体」づくりのチャンス!

気持ちよく汗をかける有酸素運動の後は、大人同士の会話=コミュニケーションの時間。

産後に失われるのは、体力だけでなく「大人との会話」です。
だからイライラしたり、煮詰まったりするんです。

産後ケア講座で「赤ちゃんが」ではない、「私は」と自分の話をする・聞くことは、
産後仲間同士共感したり、仕事や夫婦関係も前向きに向き合うきっかけになります。

また、夫婦で参加することで、コミュニケーションをぐっと深め、
子育てへの協力体制や信頼感を強める助けになります。

本講座は2016年よりマドレ・オホーツクが、
「オホーツクで妊娠・出産したら、誰でも当たり前に『産後ケア』に取り組めるようにしよう!」
という熱いおもいとアクションで開催される講座です。

継続4年目となり、年間120名の産前・産後女性とカップルがマドレ・オホーツクの産後ケア講座に参加しています。

 

北見オホーツクのみなさん、ご夫婦での産後ケア講座へのお申し込み・ご参加をお待ちしています!

 

\ 産後ケア参加者の声はこちら /

*********************************

◉受付中のマドレボニータ札幌・北海道のイベント・産後ケア教室・体験講座

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-マドレ・オホーツク

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.