札幌産後ケア教室

産後ケアは「母になった女性」のためのものじゃない

更新日:

産後ケア札幌教室で、参加者の方からうれしい声を聞きました。

「産後ケア教室のコミュニケーションワークで、

『人の話を聞くのが苦手』という自分の癖を自覚した。

 

だから、帰宅後、夫婦で話す時もちょっと気をつけて、

「最後まで聞く」のを意識するようにしてみた。

 

そうしたら、それが夫にも伝わって、いろんな話を聞くことができた。

 

教室に参加して、早速バランスボールも買って、夫に子どもの寝かしつけを任せたら、

いつもの半分の時間で、しかも夫が笑顔で機嫌よく寝かしつけできて・笑。

今は夫婦で、『産後ケア教室に通ってよかったね』と話しています」

 

 

参加者の方からこういう声をいただくのは、教室を何年やっていても、毎回うれしい。

 

 

同時に、産後ケアは「母になった女性」だけでなく、

「赤ちゃんを迎えたすべての家族のためのもの」なんだと再認識させられます。

 

妊娠・出産するのは、女性。

 

でも、父になった男性だって、妊娠・出産に寄り添って、

産後・育児を一緒に経験していくパートナー。

「手伝う」とか「サポートする」なんて控えやサブではなくて、

産後・育児の「当事者」で「主役」、なんですよね。

だって、赤ちゃん・子どもは、夫婦二人の間に授かった存在ですから。

 

 

もちろん、身を以て経験するから、産後ケアに「直接」取り組んで、

変化し始めるのは、多分、きっと女性です。

 

でも、その変化を一番身近なパートナーにポジティブに感じさせたり、

伝えたりできれば、夫婦で一緒に産後ケアの効果を享受できる。

 

 

冒頭の参加者の方のお話がまさにそういうことですよね^^

 

夫婦で産後ケアを実践したり、味わったり、ともに変化を感じ喜べているって、

すばらしいことだとおもいます。

 

産後・子育てを夫婦でわかち合うというのは、オムツを替えるだけじゃなく、

お互いの気持ちを話したり、しんどさを共有したり、思いやりをもったり、労わりあったり。

そんなやりとりの一つひとつの積み重ねです。

 

 

そんな思いやりやコミュニケーションをもつにも体力が必要だから、

そこはぜひ産後ケア教室に任せてください^^!

あらためて、産後ケア教室を開催する意味を再確認しています。

 

数年前、マドレボニータでは「すべての母に」から、

「すべての家族に産後ケアを」とスローガンを変えました。

 

「母に」「女性に」と言っているうちは、どうしても妊娠・出産・産後・育児や、

子育てしながらはたらくことが「女性だけの課題」のままになってしまうから。

 

 

そんな風に、使う言葉は意識や価値観を表す。

だから、産後ケア教室でパートナーを

「ダンナ」や「主人」と無意識に優劣をつけた呼び方をしないことも、

「パパ」「ママ」と役割で一括りにして呼ばないことも、

これからも大事にしていきたいです。

 

そういう原点をいつも産後ケア教室の参加者のみなさんの声から、

思い出させてもらっています。

 

***************************************************************
【受付中の産後ケア教室・単発レッスン・出張講座】
●受付中のレッスン一覧はこちらから

体験はこちら【12/20札幌】産後のバランスボール教室
https://kaorinaganoma.com/balanceball

▼12/14津別・産後リフレッシュ教室〜夫婦講座〜
https://kaorinaganoma.com/tsubetsu-5

産後ケア札幌教室1月コース(1/7火曜〜)受付開始しました!
https://kaorinaganoma.com/sapporo

▼1/10,11マドレ・オホーツク北見・産後ケア講座・カップル講座
https://kaorinaganoma.com/madre-okhotsk-24

参加者のご感想メールはこちから
https://kaorinaganoma.com/category/message

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-札幌産後ケア教室

Copyright© 産後チャンス〜マドレボニータ札幌の産後ケア教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.