妊娠中・産後お役立ち情報

産後に「自分の名前」を呼ばれてますか?

更新日:

新年度が始まって、1ヶ月半経ちましたね。

 

息子が3人いる我が家は、保育園・小学校・中学校への保護者記入提出物が

たくさんあって、毎年この季節は、名前書いてハンコ押して・名前書いてハンコ押して…

あ〜!逆さまだよ!!もーーーー!!!を、何度も繰り返します^^;←落ち着けw

 

 

最近は慣れてきて(諦めて・笑)、記入用紙を受け取ったらその場ですぐ書く!

書いたら息子に速攻で渡す!!を徹底。そうしないと、提出遅れたり失くすから!!

 

 

 

さて、そんな記名提出用紙を書きながら考えたことがあります。

 

それは、子育てが始まって「お母さん」になると、自分の名前よりも

「子どもの名前」「夫の名前」を書く機会が圧倒的に多くなる、ということ。

 

そうすると、「自分の名前」を書くときにも、うっかり夫や息子の名前を書きそうになるんです。

ていうか、書いてしまう。「はっ!間違えた!!」と、修正テープで消すむなしさったら…!

 

 

そこからさらに思い出したことが。

 

10年ほど前の、息子たちがまだ小さかった時期、

子どもつながりで知り合う人たちからは、「〇〇くんママ」と呼ばれていました。

同時に、自分の名前を呼ばれる機会は、どんどん少なくなっていきました。

 

 

最初こそ新鮮な気持ちで、「私もお母さんになったんだなぁ…」と嬉しささえ感じました。

 

でも徐々に、「このまま私、ずっと自分の名前を呼ばれないまま歳を取っていくのかな」

「お母さんなのが嫌な訳じゃない、でも名前すら呼ばれないのは、なんだか寂しい…」

そう感じるようになりました。

 

そして長男が幼稚園に入る頃、痛切に

「私も自分の名前を呼ばれたい」

「そうだ、やっぱり社会と・人とつながる仕事をしよう」

そう思ったんです。

 

 

マドレボニータの産後ケア教室では、最初に参加者のみなさんに

胸に名札テープを書いて貼っていただいています。

 

「お名前を大きめに書いて、胸の高い位置に貼っていただけますか^^?」とお願いすると、

「え?子どもじゃなくて、『私の名前』で、いいんですよね?」

そう確認されることもよくあります。

 

 

それぐらい、産後って「自分の名前」を呼ばれない時期。

 

そんな時だからこそ、ママとしてではなく、一人の大人として過ごす時間を大事にして欲しい。

 

そう思って、「あなたのお名前を書いてくださいね^^」とマドレボニータではお願いしています。

 

ちょっと照れ臭そうにお名前を書く参加者のみなさんは、なんだか嬉しそうです^^

 

 

考えてみたら、赤ちゃんの名付けでは、ものすごく悩むし、じっくり相談しますよね。

そんな風に、名前にはいろんな願いやおもいも込められている、大切なもの。

 

それは、赤ちゃんだけでなく、母になった女性だって同じです。

ママ以外にも、「母親になった一人の大人の女性」のおもいや表情がみんなちゃんとあるんです。

 

 

毎週産後ケア教室で、お名前で呼ばれたり、

「私は」と自分を主語に話したり聞いたりするのを続けていくと、

その人自身の気持ちや感覚、言葉がどんどん表に出てきます。

 

「お母さんだから…と諦めていたけど、本当はこんなことがしたい」

「子育てしながらの仕事でもちゃんと成果を出したい、社会の・人の役に立ちたい」

そんな風に^^

 

 

ちなみに、産後ケア教室の2週目からは「呼ばれたい名前」を名札に書いていただいています。

 

ニックネームや、学生のころの呼び名や、また結婚後の苗字に慣れたいからと、

新しいニックネームをその場で考えて書く方もいます。

 

そのどれもにルーツやオリジナリティがあって、お名前の話を聞くだけでも、おもしろい!

参加者のみなさんの「ママ」ではない顔やおもいや経験が、少しずつ伝わってきます^^

 

そうやって1ヶ月間の産後ケア教室を一緒にすごす仲間は、

ママ友以上の「大人の友達」になれるんです。

卒業して、半年、1年経ってもランチしたりつながり続けるコースの多いことおおいこと^^!

 

 

今週から始まった【札幌】産後ケア教室5月コース。

来週の2週目レッスンで、参加者のみなさんがどんなお名前を胸に書いてくださるかな^^?

今からとても楽しみです♪

 

<5月/6月受付中の産後ケア教室・産後のバランスボール教室>

◉産後ケア教室@札幌(火曜)※( )内は4回通して同伴可能なお子様のお誕生日
【5月コース】5/7,14,21,28(火)10:00-12:00 ※毎週体験受講受付中(2018/10/30以降)
【6月コース】6/4,11,18,25(火)10:00-12:00 ※受付中(2018/11/27以降)

◉5/14 産後のバランスボール円山ユキコカンガルー助産院教室 ※受付中(2018/10/16以降)

◉産後ケア教室@旭川(金曜)

【5月体験レッスン】5/24(金)10:30-12:00  ※受付中 (2018/10/26以降)
【6月コース】6/7,14,21,28(金)10:30-12:30  ※受付中 (2018/11/30以降)

◉5/31北見マドレ・オホーツクのマタニティ&産後ケア講座 
※午前・午後の部ともに受付中(※2018/11/2以降生まれ)

  • この記事を書いた人

永野間かおり

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター。「産後のピンチをチャンスに変える」をモットーに、札幌・旭川・苫小牧・北見にて産後ケア教室を実施。自治体/産院/保健師・助産師など専門家向け講座の講師も務め、述べ受講者数は2,000名を超える。1978年岩手県出身。札幌在住、3児の母。

-妊娠中・産後お役立ち情報

Copyright© マドレボニータ札幌の産後ケア教室 @札幌@旭川@苫小牧@北見 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.